自然科学展(2019年度)

展示の様子

【植物】 打吹山の樹木を中心とした花の紹介。

【昆虫】 東南アジアの昆虫標本や、日本に生息する水辺の昆虫写真を紹介。
     その他、昆虫の足の機能を顕微鏡で観察。

【鳥類】 冬に飛来する、出会うことの難しいカモを紹介。

【魚類】 天神川の上中下流域の魚たちを水槽で展示。

【鉱物】 日本アルプスを擁する中部地方の鉱物を展示。

【天体】 県内各地の星空写真をはじめ、星空とホタルの世界を写した写真などを展示。

【動物】 打吹山にセンサーカメラを設置し、撮影された動物を紹介。詳しくはこちら

 

様々な標本や写真が所狭しと並べられています 魚部門は水槽で生体展示を行っています
 
折り紙やクイズで理解を深めましょう!  

 

イベント

 石の不思議!
   様々な鉱物を手にし、ルーペを使って観察します。結晶はどんな形をしているでしょうか?
   また、紫外線に当てると光るものもあります。

まずはルーペの使い方から学びます。
目に近づけて、見たいものを動かして
ピントを合わせます。
観察スタート!
「コランダムの中でも赤いものがルビ-、
青いものがサファイアで・・・」
 
観察に頑張った子供たちに鉱物をプレゼント!
「どれにしようかな?」
 

 

 CDを使って虹を見よう
   牛乳パックとCDを使って、簡単な分光器を作りました。分光器で太陽をのぞくと、きれいな
   虹が見えます。また、太陽の光と蛍光灯の光では見え方が異なります。