杜若「折鶴」

 第119代光格天皇が命名された杜若(かきつばた)です。その御生母である大江磐代君は、延享元(1744)年に現在の倉吉市湊町に生まれました。
 平成24年開催の大江磐代君顕彰展に際し、大江磐代君のご実家の縁者である、滋賀県野洲市の錦織寺様より株分けいただきました。博物館の中庭でご覧いただけます。


次々とつぼみが開きはじめました。例年より早いようです。   令和3年5月5日
 
 
 
今年も薄紫色の美しい花が開花しました。   令和2年5月15日
 
 
 
満開の様子 平成27年5月7日
 
令和元年5月2日
 前年に株分けを行い、大小合わせて12個の鉢が配置されています。