美術

 大正からから昭和にかけ、独自の「新写実主義」を提唱し活動した洋画家・前田寬治、浪速風俗画をライフワークとし、日本画家としてはじめて芸術院恩賜賞を受賞した菅楯彦、総合芸術団体「砂丘社」など郷土ゆかりの作家の作品を中心に紹介。また、当館が実施するトリエンナーレ美術賞において収蔵した現代作家の作品、そして倉吉市名誉市民の人間国宝・大坂弘道の作品を紹介しています。

所蔵品紹介