倉吉博物館/倉吉歴史民俗資料館

 「打吹公園」(日本さくら名所100選、日本の都市公園100選、森林浴の森100選選定)内にある建物は「白壁土蔵」をイメージしており、1975年に優秀な建築に与えられる建築業協会賞(BCS 賞)を受賞しました。展示は、主に前田寛治(洋画)、菅楯彦(日本画)、倉吉市出身の人間国宝・大坂弘道(木工芸)などの美術部門、装飾須恵器といわれる古墳時代の祭祀具など国の重要文化財を含む考古部門などの人文系、そして自然系からなる総合博物館です。
 また、歴史民俗資料館を併設しており、千歯扱きや太一車などの農機具や、倉吉絣など明治から大正時代の民俗資料を展示しています。

ご来館の皆様へのお願い   [8/13更新]

新型コロナウイルス感染拡散防止のため、ご来館の皆さまに次のとおりご協力をお願い申し上げます。

 ◆ 受付で体表温測定カメラにより検温とマスク着用の確認を行っています。
 ◆「お客様情報」のご記入をお願いします。

(1)次の方は入館をご遠慮ください。
  ア 37.5℃以上の熱がある方
  イ 咳・咽頭痛などがある方
  ウ 過去2週間以内に感染が拡大している国・地域への訪問歴がある方
(2)マスクの着用をお願いします。
(3)入口に設置している消毒剤で手指の消毒をしてください。
(4)他のお客様と2m以上の間隔を保ってください。
(5)大声での会話は控えてください。
(6)混雑具合によっては展示室の入室制限を行いますので、ご協力ください。



お知らせ

イベント [1/13更新]

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からマスク着用での参加をお願いします。
※状況によっては中止する場合もあります。ご理解をお願いします。

博物館講座⑥ 倉吉の古代寺院-2

伯耆国分寺とその時代

 ■日時:1月23日(土)午後1時30分~3時
 ■場所:社公民館
 ■申込・参加費:不要
大御堂廃寺の創建から約100年後、聖武天皇の命により仏教の拠点となる僧寺・尼寺が各国に造営されました。伯耆国分寺跡は発掘調査で明らかになった伽藍配置をもとに歴史公園として整備されています。講座では伯耆国分寺・尼寺、聖武天皇治世の奈良時代について解説します。
博物館講座⑦

フラワーボールペンと押し花はがきを作ろう

 ■日時:2月21日(日)午前10時~正午
 ■場所:倉吉博物館 研修室
 ■講師:谷 裕美子さん
     (倉吉市創作文華展運営委員)
 ■定員:15人(2/6午前9時から受付・先着順)
 ■参加費:500円
創作文華展の一部門である「押し花絵」に親しんでいただく体験講座です。さまざまな色や形の押し花を自由にレイアウトし、オリジナル文具を作ります。押し花絵の魅力に触れてみませんか。

 

 

展示のご案内 [1/13更新]

美術所蔵品展

郷土の美術

 12月 22日 (火) ~1月17日(日)
第1展示室
   郷土の日本画
第2展示室
   米本一郎 雪景色
第18回鳥取県

ジュニア県展

 1月 30日 (土) ~2月7日(日)

応募された鳥取県内の小中学生の作品のうち、入賞作品および中部地区の児童・生徒の入選作品を展示します。
第44回

倉吉市創作文華展

 令和3年3月 17日(水)~21日(日)
 
◆作品を募集します◆
 搬入日:2月28日(日)午前10時~午後4時
   出品要項
   出品カード
出品要項等は倉吉博物館、中部地区教育委員会事務局及び地区公民館、図書館、三好額縁店、BYヨシダ、伯耆しあわせの郷などにあります。

 

新刊情報


打吹山ウォッチングガイド


 打吹山で出会う動物や植物を、観察に適した月ごとの「打吹山ウォッチングガイド」として國本洸紀氏(倉吉博物館専門委員)が執筆、毎月ホームページでも公開してきました。2019年5月に100号を迎えたことを記念し、2011年3月から2020年3月までの111号を書籍化しました。
 ほぼ毎日打吹山に登られ、打吹山の自然に精通した國本氏が植物、昆虫、鳥、キノコなどの変化を季節毎にまとめた1冊! 
 知らなければ気づかないのが自然です。この1冊を持って打吹山に登れば、新しい発見に出会えます。

  著 國本 洸紀  価格 1500円